インチャク -インナーマッスルヌンチャク-

合言葉は「Be Sexy!」インナーマッスルは関節をしっかりと固定する役目があり、身体の軸を作るためにもしっかり鍛えることが大切なので、インチャクを使いインナーマッスルを鍛えていきましょう!

商品紹介

インチャク商品のご紹介
インチャクショルダー+DVD
●インチャクショルダー+DVD
購入する
インチャクレッグ+DVD
●インチャクレッグ+DVD
購入する

理学療法士 山口光國(やまぐち・みつくに)先生にご推薦を頂きました。
山口光國(やまぐち・みつくに)先生
1961年12月18日生まれ。長野県出身
理学療法士
現在、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院リハビリテーション部勤務。身体運動を熟知したリハビリテーションの専門家として同病院で治療にあたる傍らで、セミナー、学術集会で講師を務めるなど幅広く活躍。

牛島和彦(元中日他)、小宮山悟(元メッツ、現千葉ロッテ)、伊良部秀輝(元ヤンキース他、現阪神)など一流投手の体のメンテナンスを担当。
「おもしろい道具ですネ」
○ トレーニングにはいろいろな目的がありますが、筋活動の微妙なバランスや、体の使い方などを考慮した場合は、自分自身で自分の身体をコントロールしながら動くことが要求されますよね。近年はこの自分自身で自分の動きをコントロールするトレーニングが注目されていますが、実際に、やってみるとわかりますが、微妙な動きを要求する場合は、持ち手の部分などの影響も強く受けるものです。

○ その意味でも、このインチャクは面白いですね。特に下肢用は気に入りました。足部にひっかけるだけも良し、足指で挟ませるというアイデアは、また、良いですね。足の中でも足指の機能は重要ですし、下肢全体の機能に対応できそうですね。また、色々なところに引っ掛けることも出来るし、自分とゴムの位置関係を自由に変えて、作用方向を自由にコントロールできますしね。そして、特定の方向に誘導しようとする場合はもちろん、逆に自分で運動方向がずれないようにする為の練習にも使えます。ゴムの特徴を活かせば、いろいろな用途に使えそうですね。また、手軽であるのもいいですね。荷物にならないし、場所を取らない。一般の健康維持増進のアイテムとしてだけではなく、トップアスリートや、ケガの回復に勤しんでいる方など、対象も幅が広いのではないでしょうか?

○ ただし、他の器具と同じく、その使用目的が間違っていたり、目的のない使用は、効果が出ないだけでなく、期待する結果と逆の結果となる事もあります。アイデア次第でいかようにも使える、用途が広い分、使う方のセンスが問われる、そんな道具かもしれませんね。
多数のメディアにご紹介いただいております!
現在インチャクはテレビ・雑誌などの多数のメディア様にご掲載・ご紹介いただいております!詳しくは下記ページをご覧ください!
● メディア掲載履歴